国際色豊かな行事開催に向け専門家集団と協働します。

去る8月30日(木曜日)に、この度のピースベルアイランド・イシガキ2018実施に伴って必要となる専門的なノウハウに関する相談と、今後の実務的な協働体制構築のための、ごく簡単な打ち合わせ、というか顔合わせをすることができました。

今回の事業は、各国大使を招待するなど国際色豊かなことに加えて、外交上のプロトコル(定められた手順やルールのようなもの)に沿って実施されなければならないと、強く認識しています。

石垣市でも、国際的な学術会議などが時折開催されているのは知っていますが、地元の地方公共団体である石垣市が構成メンバーであり、事務局の任を負った形での国際的な行事開催はほとんど前例がありません。

加えて、在外公館である大使館から大使閣下をはじめとする、各界の要人をご招待して実施する行事ですので、念には念を入れ、万全の体制で臨まなければなりません。

市民団体や市民一人ひとりと手作りで大使ご一行をお迎えし、おもてなしするという基本的な方針に沿って展開してまいりたいと考えていますが、要所要所では専門家のノウハウをお借りし、抜かりなく実施をしたいと思います。

そういう意味でも、今回の顔合わせは、今後のパートナーシップ構築にとって欠かせないとても重要な時間でした。正式なパートナーシップを締結後に、さらに詳しくレポートしていければと思います。

 
専門家とのパートナーシップによる事業実施.jpeg