21カ国の大使閣下宛、招待状を送付いたしました。

日英による招待状を送付

本日、ピースベルアイランド・イシガキ2018実行委員会の会長、中山義隆石垣市長名により、在京の各国大使館への招待状を投函いたしました。宛先は、当該国の特命全権大使(駐日大使)です。

招待状は、英文と和文を用意しました。さらに、記念事業の概要がわかる資料や参加いただく際の出欠確認表も添付しました。

観光、特産品関連資料も同封

また、石垣島の魅力をアピールし、より関心を持っていただくため観光や特産品に関連する資料も同封しました。青い海や、照りつける太陽、白い砂浜や緑豊かな森林の写真などをご覧になり、石垣島に興味を持っていただけるといいなと思いました。

また、石垣牛やパイナップル、マンゴーなど、石垣島を代表する農水産物や八重山上布やミンサー織など特産品のパンフレットも同封しました。

夕食会や昼食会では、石垣牛をはじめとする石垣島自慢の美味しい食べ物も味わっていただきたいと思います。

 

21カ国の大使館に招待状を送付

今日は、アメリカ合衆国、イギリス、フランス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダなど、合計21カ所の大使館に招待状を投函しました。来週以降にさらにあと数カ所が加わる予定です。

招待状の投函後は、直接大使館へ架電し、大使閣下の秘書やご担当の書記官と連絡をとりながら、大使閣下のご来島の実現に向けて調整を図って行きたいと思います。

 

大使閣下宛の招待状と一緒に、石垣島の観光や特産品関連資料を同封し送付しました。